中古厨房機器の販売ビジネス

中古厨房機器の販売のビジネスがビジネスモデルとして成り立っております。厨房機器を中古としてどこから仕入れてくるのか、これは昔はあまりありませんでしたが、バブル崩壊後には、大手外食チェーンを中心に、店舗の統廃合と称して店舗を売却しているチェーンがあります。店舗内の椅子、テーブルなどの備品も含めて売却したいのですが、椅子、テーブル、装飾類はほとんど売れず、使い道もないために、廃棄するしかないのです。厨房機器は昔は金属として売れたのでしたが、今では中古を購入したいという人がいるのです。脱サラした人が飲食店を開くときに中古厨房機器を購入したいようです。こういったニーズが発生することで中古厨房機器の買取、販売がビジネスとして成り立っています。