中古厨房機器が飲食業を救う

今の日本の不景気のダメージとして、一番最初に受けたのがサービス業であろう。そしてその中でも厳しい状況に立たされたのが店舗を構えている飲食業の方々であります。不況になったことで、家計の中で一番最初にメスを入れる部分が、外食を控えるところになると思います。外食を減らし家での食事を心がけることで、お金を浮かすことが出来るからです。それにより閉店となったお店も多く存在します。そこで余った中古厨房機器がリサイクル業者に余っているのも現状です。しかし、裏を返せば、この中古厨房機器を使った新たな店舗展開が可能な新店舗も存在し、新たなリサイクルツールとなっている。今後もこのような中古厨房機器が日本の飲食業界を変えていくと思います。